海外にWEBで販売する事業者向けの補助金がスタート!(中小企業越境ECマーケティング支援事業に係る補助金)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
tt

海外にWEBで販売する企業向けの補助金(中小企業越境ECマーケティング支援事業に係る補助金)がスタートしたので、概要をご紹介する。

※【越境ECとは】インターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引で主にB2C。例えば、日本の中小企業が英語圏向けに自社商品の販売サイトを作り、当該国の消費者に販売するなど。

補助金を使った事業のイメージ

この補助金を使った事業の例を簡単に説明すると下記の図のようになる。

本補助金では主に「越境ECサイト出店・構築費用」「越境 EC サイトプロモーション費用」が国から補助される。この2つの費用があれば、『①WEBを制作⇒②広告で見てもらう⇒③販売・売上に!』という流れを構築でき、WEB(ホームページ)で海外の人々に御社の商品を販売できる仕組みはほぼカバーされる。

補助金は最大で100万円(ex.経費150万円以上の場合)であるので、海外販売の仕組みの元を作るには十分であろう。

なので、「海外の人に自社商品をホームページを作って販売したい(もしくはそれをテストしたい)!」という企業にはとてもお薦めの補助金である。

募集期間など詳細

詳細は下記のようであるが、より詳しいことは補助金サイトからご確認いただきたい。

「中小企業越境ECマーケティング支援事業に係る補助金 第1期募集概要」へのリンク

【越境EC補助金の詳細】
≪募集期間≫
第1期:平成28年6月30日(木曜日)
~平成28年7月29日(金曜日)
第2期:平成28年8月31日(水曜日)
~平成28年9月30日(金曜日)
≪対象費目≫越境ECサイト制作費、プロモーション費の一部
≪補助金額≫対象費用(上限150万円)の3分の2(100万円)
≪採択想定件数≫第1期と第2期合せて 150 件程度を予定
≪注意点≫申請後に審査がある など

海外にネット販売することの可能性

日本市場が今後も大きな成長が見込めない中、海外に販路を拡大することの意義は大きい。

海外販路開拓の中でも「インターネットでの販路拡大」は初期投資が少ない、方法次第では期待値が大きいなどの観点から特に中小企業にとっては有益な施策である。

さらには海外では(日本商品にも手が届く)中間層の拡大、スマホの普及によるネット通販の拡大、決済や配送インフラの整備が着々と進んでおり、下記の表のように経済産業省も世界へネット販売していく市場は伸びていくと予想している。

●世界の越境 EC 市場

越境ECの可能性については以前もご紹介しているのでこちらを参考にしてほしい

本補助金に関する問い合わせ

本補助金に関しては弊社もお手伝いしているので、お気軽に問合せください。

「中小企業越境ECマーケティング支援事業に係る補助金」に関する問合せはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSから最新情報をGETしよう!